簡単にリスト化できるリスト内包

プログラムを書いているとリスト(配列)にデータを入れて処理するということが多々ある。

他言語の場合だと、まず、空のリストを作って、そこにデータを追加していくという処理が多い。

pythonであれば、簡単な式でリストを作れてしまう。その記述方法をリスト内包という。

例えば、

x = [1,2,3,4,5]

の全てを3倍したものをリスト化したい場合。

[e*3 for e in x]

の記述で、

[3,6,9,12,15]

が出来上がる。

また、

[e*3 for e in x if e*3 > 10]

とすれば、 e*3 が10より大きいものだけが表示される。

一行で条件ありのリストを作れるので、非常に便利。