PC用ページとモバイル用ページのファイル共通化

WordPressやBootstrapを使ったウェブサイトであれば、レスポンシブデザインのため、「PC用のページとスマートフォン用のページ」のように個別のページを作成する必要はありません。

しかし、レスポンシブデザインではないウェブサイトの場合、「スマートフォンからのアクセスはスマートフォン用のページにリダイレクトさせる」などして表示させる必要があります。また、そのためにはもちろん、スマートフォン用のページを別途用意する必要があります。

この場合、同じようなコンテンツにも関わらず、PC用とスマートフォン用のページを持つ必要があり管理コストが増加します。例えば、テキストの修正をするにも、PC用とスマートフォン用、それぞれのページに対して変更が必要になってしまいます。

このような問題も、ファイル共通化プログラムを利用することで、重複した内容を記載することなくPC用とスマートフォン用のページを表示させることが可能です。

また、PC用とスマートフォン用でまったく別のデザインにもできるため、デザインの幅を広げることが可能です。

現在、当社ECサイトでも同プログラムを利用しており、PC用の画面とスマートフォン用の画面がまったく異なっていますが、ファイル自体は一つのみとなっています。

このプログラムは、過去に作成したHTMLだけのサイトに対しても実装が可能です。