sc-kit learn 機械学習

sckit 名古屋でsc-kitを使った機械学習プログラム開発

機械学習とは、コンピューターにデータを学習させることで、新しい情報に対して、コンピューターに分析、判断をさせてアウトプットをさせる技術になります。

現在でも、迷惑メールの判断等で幅広く使用されています。また、車の自動運転も可能になります。Googleが開発した自動運転プログラムは、性能もよく事故率も、6年間で11件のもらい事故という性能です。

その機械学習技術をサポートする一つがsc-kit learnというpython用に作られたプログラムです。ナイーブベイズ、サポートベクターマシーン、決定木、k近傍法、ランダムフォレスト、AdaBoostといった各種数学モデルを簡単に使用できるようになっており、機械学習に非常に有用なツールです。

当社では、sc-kitによる機械学習を、自社システムに組み込んでいます。

 

機械学習 sc-kit learn に関する技術Tips

ナイーブベイズ

決定木

k近傍法